公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

平成30年度以降の大学評価

評価基準等

(1)「大学基準」

 「大学基準」 は、本協会の実施する大学評価における評価基準です。「大学基準」は「基準」とその「解説」から成りますが、大綱的な内容の「基準」に対し、「解説」では具体的な内容が記述されています。

(2)「点検・評価項目」及び「評価の視点(参考資料)」

 「点検・評価項目」 は、「大学基準」をもとに、大学が自己点検・評価を行うための枠組みとして本協会が設定したものです(「点検・評価項目」は、評価者による評価の枠組みともなります)。
なお、各大学が「点検・評価項目」に沿って自己点検・評価する際に、より具体的なポイントを「評価の視点」として明確にすることも考えられます。その場合の参考となるように、参考資料として「評価の視点」例を付しています。

(3)「評価者の観点」

 「評価者の観点」は、評価者が「点検・評価項目」に沿って評価する際に必要となる確認事項を項目ごとに記したものです。評価者は、「評価者の観点」に沿って各大学の具体的な現状を把握し、そのうえで、「大学基準」(「基準」とその「解説」)に照らしてそれが適切又は有効と言えるかを評価します。

(4)「基礎要件に係る評価の指針」

 「基礎要件に係る評価の指針」は、法令要件やその他の基礎的な要件の充足状況について問題事例があった場合に、評価者が一定の判断が行えるよう、具体的な指針を記したものです。ただし、評価は大学それぞれの状況に応じて行うものであるため、特別の事情があるなど合理的理由を示せる場合は、数値目安等を弾力的に運用することもあります。

TOP