公益財団法人 大学基準協会 初めて本サイトを訪問された方へ
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 シンポジウム等 調査・研究 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
評価検索結果
会員専用
評価者専用ページ

大学評価

評価基準

本協会の大学評価のための評価基準は、大学基準です。したがって、本協会の大学評価では、評価を申請した大学がこれらの基準に適合しているかどうかを判定することになります。
この大学基準の各基準及びその解説は、「それぞれの大学の特徴や立場を尊重しその改善・向上を促すという観点に立って、各大学の理念・目的を踏まえて、大学のあるべき姿を追求するための留意点を明らかにすることに主眼」を置いています。
評価を申請する大学は、この大学基準の趣旨・内容を理解し、これに十分留意し対応しながら、自己点検・評価活動を進めていくことが重要です。
また、評価に従事する主査・委員は、申請大学が適切な水準を保持しているかどうかを検証するとともに、大学が掲げる理念・目的・教育目標の実現の状況や実現に向けた努力の状況などを、点検・評価項目に示される大学の教育・研究を中心とした活動の諸側面を評価します。

具体的な基準については、以下から取得できます。

 「大学基準」及びその解説(346KB)

 大学評価 評価に際し留意すべき事項(937KB)

本資料は、評価委員が大学評価を実施するにあたって留意すべき事項をとりまとめたものです。評価委員が、本留意事項を適用するにあたっては、大学の設置形態、地域性及び学部・研究科の特色などを勘案しつつ取り扱うこととなるため、ここに掲載した数値基準等は実態に応じて弾力的に運用されるものとなります。


  大学評価委員会「評価に際しての指針」(522KB)

本「指針」は、主に法令に関わる基盤評価に関する事項を中心に、その取り扱いについて、大学評価委員会において合意された事項を収録したものです。本「指針」は、大学評価委員会における判断事例を経年的に蓄積しており、評価方法の一定の方向性を示すものです。ただし、毎年度、大学評価委員会において見直しを行い、大学を取り巻く状況に応じて柔軟に改定を実施しています。したがって、指針の内容が必ずしも評価結果に反映されるとは限りません。

TOP