公益財団法人 大学基準協会
文字の大きさ
大学基準協会概要 評価事業 会員校名簿 刊行物・公表資料 入会のご案内
評価事業
会員専用
評価者専用ページ

経営系専門職大学院認証評価

組織体制

本協会の経営系専門職大学院認証評価を行う組織として、「経営系専門職大学院認証評価委員会」、「経営系専門職大学院認証評価分科会」、「経営系専門職大学院異議申立審査会」を設置しています。
それぞれの役割や構成は以下のとおりです。

(1)経営系専門職大学院認証評価委員会

経営系専門職大学院認証評価を実施する中心的組織で、委員長および副委員長を含め、20名以内の委員を以て構成します。委員は、経営系大学院を設置する大学から推薦された当該経営系大学院の教員13名(うち3名は実務家教員)、経営系分野の実務経験を有する者5名、外部の有識者2名で構成されます。また、この委員会には委員会業務を補佐するため、必要に応じて幹事若干名を配置します。
詳しくはこちら 経営系専門職大学院認証評価委員会名簿

(2)経営系専門職大学院認証評価分科会

経営系専門職大学院認証評価委員会の下部組織として、認証評価を申請する専攻数に応じて、経営系専門職大学院認証評価分科会(以下、分科会)を設置します。この分科会の主査および委員(評価者ともいう)が、実際の評価に携わることになります。分科会は、主査を含め、原則として4名(うち1名は実務経験を有する者)で構成し、必要に応じて増員します。

(3)経営系専門職大学院異議申立審査会

認証評価の結果、本協会の定める経営系専門職大学院基準に適合していないと判定された申請大学は、判定に対し異議申立をすることができます。申請大学より異議申立がなされた場合、その申立内容について審査を行うため、本協会では経営系専門職大学院異議申立審査会を設置しています。異議申立審査会は、審査長を含め7名の委員を以て構成します。委員は、本協会副会長から1名、本協会理事または監事から1名、外部の有識者2名、経営系の実務経験を有する者3名で構成されます。
TOP